を蹴るかもしれないが、放せない理由

会社員A(25)氏は最近、真っ最中仮想通貨投資に陥っている。各種規制発表で市場が揺れ動く今、Aさんは、収益率が上がって嬉しい一方、今でも「コイン版」を抜け出さなければか混乱している。

彼はインタビューの中で記者に「今日長大きく暴落した」とし「今がすぐに入ってくる機会」と伝えた。20代の記者は耳に耳耳たっぷりした。仮想通貨投資の知識が皆無だったが、「今でも入らなければなら一つ」という悩みがするほどだった。

週末には、폰테크 ビットコインを含む多くの仮想通貨が価格調整や様々な国の規制強化などの影響で価格が「トクラク(大きく下落したという意味)」となった。

14日、6万ドルを超えたビットコイン価格が24日には4万ドル台まで下がるまでした。専門家の間では、当分の間、下げ相場が続くという否定的な見通しと上昇動力が残っているという肯定的見通しに分かれた。

韓国日報にインタビューした20代の時刻もまちまちだった。一部は今の下落場を反発の機会にしたいした。

A(25)氏は昨年12月、仮想通貨(ビットコイン=イーサリウム)投資を開始した。元金1500万ウォンで始めてから4ヵ月、数日前に夢に描いた100%の収益率を達成した。彼は最初から「大当たり」を打ったわけではありませんでした。入門初期には、調整枚苦味を見て、しばらく「コイン版」を離れることもした。

しかし、暗号化通貨の収益率に比べて、これまで入れた株式や積立金の収益率がみすぼらしくだけ感じられた。キム氏は「株式をみ人生が大きく変わることはない」とし「コインは、その可能性が大きいから戻ってきた」と述べた。

2017年の投資ブームが吹いて、政府の規制発表に低迷された仮想通貨市場が再び熱い。最近、韓国の「樹林が」と呼ばれた2030世代の株式投資家が仮想通貨に目を向けた。

株式などの投資商品に関心がなかった人たちも、仮想通貨に手を待ち始めた。猫も杓子も「コリンが(コイン投資+子供)」になることを躊躇せずに仮想通貨市場に飛び込んだのだ。

20代は大学生、就職準備生、会社員など変化が多い世代だ。 異なる社会的役割だけに、彼らがコインをする理由も多様だ。

Aさんのように一千金のために「コイン版」に飛び込んだ人もいると、趣味三わずかにお小遣い稼ぎにするという大学生も少なくなかった。これらの仮想通貨投資が「投機やギャンブルに近いと思う」ながらも、それぞれの理由で投資をしている。

21日、クォン・ウンヒ国民の党議員が公開した4大仮想通貨取引所(ビトソム・アップビット・コビット・コインウォン)投資家現況を見れば、今年第1四半期の新規加入者は計249万5,289人だ。このうち20代と30代はそれぞれ32.7%(81万6,039人)、30.8%(76万8,775人)と集計された。一方、40代は19.1%(47万5649人)、50代は8.8%(21万9665人)にとどまった。

仮想通貨に陥った20代の話を聞いた

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다