真っ暗な夜を照らす照明の光で豊かな時間でした。

釜山旅行の夜にはヨットツアー「THE BAY101」の夜景スポットコースで~

釜山に行くと「暖かい南の国」という声が自然に出ます。 日中の気温がはっきりとした春の気配とはいえ、首都圏では薄いコートを着て外に出てこそ安心していましたが、釜山はヨットツアーの夜だけコートが必要なほど、昼と夜が平易な暖かさでした。~熱シミ(2021.4.2)~

久しぶりに朝寝坊をして釜山に行ってきました。 桜の花が咲き乱れた風景が見たくて、日程を調整して訪ねた道だったが、桜はすでにエンディングだったし、菜の花は時期尚早なのか、花の席を覆したのか…。広大でした。それでも大渚生態公園では小さな規模でチューリップやスイセン、菜の花を見ることができ、心の癒しになりました。

1.大渚生態公園

釜山の桜を見るために何ヶ所かサーチして行った道、SNSで見た花の状態は現実とかけ離れていました。 その中の一つが大渚生態公園でした。 桜の名所として有名なスポットでもありましたが、公園は桜のエンディングを過ぎ、花の雨まで舞い桜の木がひんやりしていました。

がっかりして車を回そうかと思ったけれど、せっかく来たついでに菜の花でも探してみようという気持ちで周辺を徘徊するようにして見てみました。 竹林のある下の方にミニガーデンが造成され、物足りなさを感じさせなかった日でした。

赤く咲いたチューリップがキラキラとその周りにビオラが三色の花びらに咲いていました。 マツバボタンのように地面にくっついて花を咲かせたビオラは、スミレに似ていて三色スミレと呼ぶ花です。

ふっくらとした花軸を突き出したチューリップは、花がかなり大きく咲いていました。 真昼の日差しを濾過なく浴びて、すくすく育ったように思えます」。

ミニガーデンはそれほど広い規模ではなかったんですが、春の花を見つけた私にはオアシスのような花畑でした。

大渚生態公園は80万坪余りにサッカー場をはじめ野球場とテニス場などがあり、湿地と菜の花団地があります。 桜の花が咲く水辺には、竹林が造成されており、間道を歩く趣がありました。 釜山旅行コースとして短時間で歩いても良い林道でした。

大渚生態公園には、花がある庭園道と黄金ススキ道、ピンクススキ道、模様ススキ道などがあります。 散歩道に沿って休み休み、歩きやすい探訪路です。 市民の余暇活用空間として開かれた憩いの場でした。

2.五六島スカイウォーク

海のビューをして黄色く咲いていたスイセン。 五六島スカイウォークの風景です。 遅くまで水仙があるという話を聞いて駆け付けたのですが、残念に思わないようにできて満足でした。 見過ごしていたら残念がる風景でした。

この日はスカイウォークよりも、日の出公園に咲いた花を見に行ったんです。 公園に黄色く咲いている水仙がどんなに嬉しかったですか。 今年会えずに済んだのかと思ったら、水仙のエンディングを見ることができて微笑ましい釜山旅行でした。

この日は水仙の人気が高かったです。 それより少なかった菜の花…でしたが、2つの花を見ることができて幸運な日でした。 五六島は周辺海域を含む海洋保護区域です。

3.石碑文化の村

甘川文化村へ向かう吉碑石文化村を簡単に聞いたことがあります。 男女の高校生のオブジェが椅子に置かれ、その後ろに第2の甘川文化村を思わせる風景が繰り広げられた場所です。 日本による植民地時代の時、日本人が集まりながら墓地を造成し、碑石を立てて付けられた名前です。

甘川2洞の峠を挟んで甘川文化村と並んでいる碑石文化村は、村の道に沿って壁画と陶磁タイルがあり、フォトゾーンになる造形物が建てられました。

4.龍頭山公園

龍頭山公園はあるテレビ番組の影響なのか’龍頭山エレジー’を連想させました。 物悲しい調べで始まる歌詞は、自然に龍頭山公園に興味を持つようになりました。 高さ49mの釜山タワーがあります。

ずいぶん前に行って来た時は釜山旅行コースでたくさんの人が往来しましたが、今回行ってみたらこの前よりもっと寒い風景でした。

広場では大型のウサギと月が展示されており、5月2日まで見ることができます。 造形物の向かい側にある赤いスイッチを押すと、照明が明るく光ってフォトゾーンになる大型造形物でした。

「ヨンドゥサン公園の散策路で、今年最後の椿を見てきました。 今ちょうど花を咲かせている椿だったんです。 地元椿なので花が小さかったです。

釜山は昼より夜が華やかなので、釜山旅行を完全に楽しめて良いです。 この日は早目に夕食を食べて予約した7時のヨットに乗るために水泳だけヨット競技場に向かいました。 「事前に予約したおかげで、出発15分前にヨット競技場の4秒所の前で待機していたんです。 大勢の人が待ち構えており、ヨットの人気を実感しました。

時間に合わせてヨット乗り場に向かうと、乗るエルバ45が来ました。 2階ラウンジのある2020年新型フランス名品ヨットでデザインがスリムで滑らかにデザインされました。 従来のヨットとは外見からしてかなり違いますね。 自動車に例えるとスポーツカーに似ているようでした。

「室内に入ると、準備されたスリッパと救命胴衣を着て毛布を持ってきました。 その後は好きな席で自由に座って出発を待っていましたが。 室内は新しいものだということを示すようにビニールカバーも脱がさないままでした ティークモックになっていて暖房が入る名品ヨットでした。

7時に船に乗って海に出ると釜山ホットプレイスの夜景スポットが目に飛び込んでくる。 「以前にも釜山(プサン)ヨットツアーをしたことが何度もありましたが、夜の海の上を照らす夜間の明かりはいつでもロマンチックでした。

釜山の夜景名所である広安大橋のカラフルな夜景をはじめ、マリンシティ、椿島、THE 101、広安大橋、広安ビーチ、水辺公園の順に回りました。

広安大橋は釜山の広安里沖を横断した海上橋梁で、長さ7.4kmに渡って繋がっています。 釜山のトレードマークのようなところです。

ヨットの動きに合わせて瞬時にチェンジする広安大橋の多彩なカラーは、見ているだけでも夜景スポットの醍醐味を堪能できたポイントでした。

夜のヨットツアーだったので、重ね着をして出かけた道なんですが、夜風はあまり冷たくないのでヨットツアーをしている間ずっとデッキの上にいました。

この日は家族連れの乗客もいましたが、主にデートを楽しむ恋人たちが多く、同好会から来た友達もたまにいました。 「住んでいるところも違うし、ヨットツアーを訪れた目的もそれぞれ違いますが、ツアーの時間だけは同じ船に乗った人たちでした。 釜山旅行の醍醐味を楽しんだ時間でした。

波も静かだった日… ゆらゆらする水流で船の揺れが少なく、ヨットのあちこちを移動して写真を撮ることができましたよ。 音もなく強いヨットでした。

밤투어대체사이트 釜山ヨットツアーのハイライトは花火でした。 ヨットGから出航したヨットが集まって一斉に爆竹を打ち上げたのですが、 夜の海で楽しむ花火ショーでした。 黒い夜空に向けて打ち上げられる花火を見ながら昔日本ヨット旅行で見た花火が思い出された.. 思い出の夜でした。

写真を上手く撮れたら…という願いがした瞬間.. 美しく広がる炎の刹那を捕らえるべきだったのに。 そのスキルまではまだまだ遠い熱演でした。

釜山ヨットツアーは1時間ほどかかります。 それぞれリラックスできる場所で、 自分ならではの方法で夜景を鑑賞しました。 真っ暗な夜を照らす照明の光で豊かな時間でした。 昼より夜に乗ったらもっとロマンチックなツアーでした。

釜山の夜景スポットホットプレイスは、 THE BAY101コースですが、 黒い闇の中から漏れた光が、美しい海でした。 前回行った時もTHE BAY101で夜景写真を撮りましたが、夜景スポットの中で一番華やかに輝くホットプレイスでした。 釜山を旅行する時は、夜のロマンをヨットとともに楽しんでください。 長く思い出として残る二万ウォンの幸せになるでしょう。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다